お知らせ!風俗営業図面の書き方小冊子 Kindle版【¥180円】

デリヘル図面についての小話




どーも、図面相談WEBセンターの松井(@zumenjuku)です。

今回は、デリヘル図面(事務所、待機所)について、経験したことをシェアします。

1年位前に某行政書士先生からデリヘルの事務所や待機所図面と実際の部屋のチェックがある警察署、地区があると情報頂いたことがありました。

私自身、事務所・待機所の平面図を作成をする際、必ず現地に訪問して寸法取り、そして作図資料の目的で室内の写真を撮らせていただいてます。(もちろん、撮影目的と趣旨を説明した上で)
室内を寸法取りして作図してるので、問題ないのです(*’▽’)

現場確認に来ない警察署・地区もあります。
都内の某3つの警察署が現地確認に来ることは確認済です。

警察官が現場確認するようになった理由

この話題に触れていいのか悩みましたが、
理由を書かないと意味不明な記事になるので覚悟して書きます(^-^;

某行政書士先生からのまた聞きですが、警察署に提出された図面と実際の事務所・待機所が全く違うレイアウト図面が、後になって発覚したケースがあったようです。

虚偽図面ですよね…
しかも、面図の差替え変更になかなか応じないとか…

私の感覚では理解できませんね!




警察官が現場確認するケース


無店舗型性風俗特殊営業や店舗型性風俗特殊営業の新規開業やレイアウト変更など、平面図を提出する場合、警察官が現場確認するようです。

無店舗型性風俗特殊営業の図面が関係するケース

  • デリヘル新規の届出
  • デリヘル事務所の移転
  • デリヘル待機所の新設、移転、廃止
  • デリヘル事務所・待機所の大規模なレイアウト変更

店舗型性風俗特殊営業の図面が関係するケース

  • レンタルルーム、ヌードスタジオ、出会い系喫茶営業、アダルトショップ等の新規の届出
  • 大規模なレイアウト変更

自分の経験や体験をシェアしたい

自分の体験談を”必要な人に伝える”ことを、今の目標にしたい!

自分の体験・経験を人に伝えるということは、私自身のアウトプットとしても、学習の機会になる。

ブログ記事、note記事を書くと執筆の修練や新しい勉強の機会ににすれば、読者として自分の知らない世界を知る機会になるので、Win-Winの関係になるかな?

行政書士事務所で風営業務に携わった経験は、ある意味かなり特殊。レアな体験…

退職しても守秘義務あるので、すべてを伝えることは、難しい部分もあるけど、行政書士先生や不動産関係等に関係する方には、必要な情報だと信じてます♪

ということで今年も活動頑張ります!

Autodesk(オートデスク)

シェアお願いしまーす!

無料メールマガジンはじめます

風営法の図面作成ポイントや体験談満載のメルマガ!

このWEBサイトで公開できない風営法のお仕事(調査、コンサルティング、測量、作図、内検)の裏話や行政書士事務所勤務時代にあった昔話を書きます。
行政書士事務所の元スタッフ(風営業務担当)がお仕事する上での注意点やポイント、危険を回避する言動などの実例も。

風営業務に携わる方の作図経験者のメルマガを読むことで、新たなアイデアが生まれるかもしれませんし、自分ひとりで問題解決できるんだと気づくかもしれません。下記をクリックして無料メルマガ登録してください。


ABOUT US

まつい
はじめまして!図面相談WEBセンター代表の松井です。某行政書士事務所の元スタッフ。風営法&風俗営業許可の図面及び求積ノウハウやマル秘裏話を公開。YouTube動画やInstagram、Twitter等でも作図