お知らせ!風俗営業図面の書き方小冊子 Kindle版【¥180円】

使用承諾書の書き方(風俗営業許可)




今回は、使用承諾書について解説します。
使用承諾書は、風俗営業許可申請書の添付資料の中で非常に重要。且つ、奥深い書面です。

使用承諾書は、次のような申請届出に必要になりますね。

  1. 風俗営業許可の申請(第1号~第5号営業)
  2. 特定遊興飲食店営業許可の申請
  3. 深夜における酒類提供飲食店営業の届出(警察署の独自資料として要求される場合あり)
  4. 店舗型性風俗特殊営業の届出
  5. 無店舗型性風俗特殊営業の届出
  6. 映像送信型性風俗特殊営業の届出
  7. 店舗型電話異性紹介営業の届出
  8. 無店舗型電話異性紹介営業の届出

「使用承諾書」に詳しく言及した書籍はありません。
風営業務の書籍や様々なセミナーでも詳しく言及されることもないと思います。
意識的にサラッっと流すのではないでしょうか。

何故か?

通常の賃貸借契約は問題ないのですが、物件によっては複雑な権利関係、サブリース契約で揉めるケース、競売物件、事件屋が絡むケースなど、稀に滅茶苦茶な場合もあります。

まぁ表で話題にできる話では無いですね!

使用承諾書の根拠となる条文

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく許可申請書の添付書類等に関する内閣府令
(風俗営業の許可申請書の添付書類)
第一条 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「法」という。)第五条第一項の内閣府令で定める書類は、次のとおりとする。
二 営業所の使用について権原を有することを疎明する書類

使用承諾書の添付資料

店舗の所有者と直接賃貸借契約を締結している場合の資料

  • 使用承諾書
  • 建物の全部事項証明書
  • 店舗の賃貸借契約書コピー
  • 公図(都道府県による)

使用承諾書ひな型

風俗営業許可申請の使用承諾書、PDFで配布!
使用承諾書[所有者から記名押印の書式]

使用承諾書の書き方と注意点

店舗所有者から直接契約の場合の使用承諾書の書き方をご紹介します。
使用承諾書

➀年月日

店舗所有者が記名押印した日付を記入する。

➁氏名又は法人名

風俗営業許可申請をする方の氏名又は法人名を記入します。

➂店舗所有者の住所及び氏名又は法人名

➂のスペースは、店舗の所有者が記名押印する。
記名する住所、氏名又は法人名は、建物の全部事項証明書の権利部(甲区)の「所有者の住所・氏名」と「使用承諾書の店舗所有者の住所・氏名」と同じであること。

上記が諸事情で違う場合には、「理由書」と確認できる裏付け資料を添付します。
例えば、次のようなケース

  • 店舗所有者が転居又は本店移転。
  • 住所表記が違っているケース、一方に建物名称や部屋番号が入っている場合
  • 店舗所有者の姓名・名前の変更
  • 所有者が複数人の場合は、すべての所有者から記名押印もらyもあります。
    尚、建物登記謄本の使用承諾書の店舗所有者の住所と氏名又は法人名記名が

➃店舗所有者と直接契約している場合は「所有者」と記入する。

サブリース契約や大型商業施設の施設運営会社との契約の場合は、使用承諾書の➃の欄はケースバイケースです。

➄建物等の構造

建物の全部事項証明書の「構造」の記載を転記する。

➅建物等の所在地

店舗の「住居表示の住所と建物名称」及び「地番と家屋番号」を併記する。
所在地の住居表示は市区町村役所で確認する。建物名称は賃貸借契約書から転記する。

また、地番と家屋番号は建物の全部事項証明書の記載を転記する。

➆使用する目的、➇カッコの内容

風営法の条文などを記入

  • キャバレー、スナック、キャバクラ、クラブ、ホストクラブ、料理店などの設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食させる営業。
    第2条第1項第1号の営業所(社交飲食店 or 料理店)
  • 喫茶店、バーなどの設備を設けて客に飲食させる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った営業所内の照明を10ルクス以下として営む営業(1号・社交飲食店を除く)。
    第2条第1項第2号の営業所()
  • 喫茶店、バーなどの設備を設けて客に飲食させる営業で、店内の客席の見通しが困難であり、且つ、その客席の広さが5平方メートル以下で営む営業。
    第2条第1項第3号の営業所(区画飲食店)
  • マージャン店、パチンコ店、スロット店などの設備を設けて客に遊技させる営業。
    第2条第1項第4号の営業所(マージャン店 or パチンコ店等 or その他遊技場)
  • テレビゲーム、メダルゲームなどの設備を設けてセンター等は、第2条第1項第5号の営業所

➇カッコの内容

スナック、キャバクラ、クラブ、ホストクラブ等は(キャバレー・社交飲食店・料理店)
低照度飲食店は(低照度飲食店)
区画席飲食店は(区画席飲食店)
マージャン店、パチンコ店、スロット店等は(マージャン店・パチンコ店等・その他遊技場)
ゲームセンター等は(ゲームセンター等)

➈建物等の全部、建物等の一部

どちらか囲む。

⑩建物等の一部の部分

賃貸借契約書の部屋番号等を記入する。

⑪使用を承諾する期間

賃貸借契約書の契約期間を記入する。

YouTubeで解説

無料メール相談

下記のフォームからお悩み、知りたいこと、具体的でも、まとまりがなくても気にせずにお書きください。費用は無料ですし、あなたには何の義務も負担もありません。
図面相談WEBセンターが提供している無料サービスですので、ご安心ください!
TwitterInstagramから無料DM相談でもOKです(^^)

    ← 左のチェックボックスにチェック入れて、すぐ下の「送信」ボタンを押してください。

    Autodesk(オートデスク)

    シェアお願いしまーす!

    無料メールマガジンはじめます

    風営法の図面作成ポイントや体験談満載のメルマガ!

    このWEBサイトで公開できない風営法のお仕事(調査、コンサルティング、測量、作図、内検)の裏話や行政書士事務所勤務時代にあった昔話を書きます。
    行政書士事務所の元スタッフ(風営業務担当)がお仕事する上での注意点やポイント、危険を回避する言動などの実例も。

    風営業務に携わる方の作図経験者のメルマガを読むことで、新たなアイデアが生まれるかもしれませんし、自分ひとりで問題解決できるんだと気づくかもしれません。下記をクリックして無料メルマガ登録してください。


    ABOUT US

    はじめまして!図面相談WEBセンター代表の松井です。某行政書士事務所の元スタッフ。風営法&風俗営業許可の図面及び求積ノウハウやマル秘裏話を公開。YouTube動画やInstagram、Twitter等でも作図